スキンケアアドバイザーの資格の試験内容とは

看護師に人気!スキンケアアドバイザー

どんな資格?試験内容は?

どんな資格?試験内容は?

スキンケアアドバイザーの資格を取得しよう

スキンケアアドバイザーは、いくつになっても美しい肌でいたいと願う女性のサポートを行うのが主な仕事です。スキンケアアドバイザーになるためには、人間の皮膚の構造や生理機能についての知識を土台に、乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌などのタイプに応じたスキンケアの方法、肌トラブルについての知識、スキンケアに使用される化粧品や薬品などについての知識を習得する必要があります。これらの知識を習得したことが認定されれば、スキンケアアドバイザーの資格を得ることができます。この資格を持っていることで、スキンケアの専門家としての仕事の幅を広げることができるようになります。

スキンケアアドバイザーの資格には試験がない

スキンケアアドバイザーの資格には試験がなく、代わりにレポートの提出があります。資格取得までの難易度は試験がある資格よりは低めですが、スキンケアアドバイザーと名乗れるだけの知識はしっかりと身につけられる仕組みになっています。スキンケアアドバイザーの資格は、通信講座を修了し、提出したレポート課題が70%以上の正解率であれば合格します。もし不合格だった場合には、合格するまでレポートにチャレンジできます。スキンケア専門のスクールなどに通う必要がないので、忙しい人でも自分のペースで取得できる資格です。レポートは、6ヶ月の受講期間内であれば何度でも提出できます。わからないところは、皮膚の専門医やプロのスキンケアアドバイザーに質問できます。

試験なしでスキンケアアドバイザーの資格を取れる理由

試験がない資格となると、その資格が持つ信頼性に疑問を持つかもしれません。せっかく資格を持っていても、専門知識があると認めてもらえなければ無意味と考えるのは当然のことです。スキンケアアドバイザーの資格は無試験ですが、監修しているのは専門医やプロのエステティシャンということで、内容はかなり本格的なものです。暗記してテストをして終わりの知識ではなく、スキンケアの現場で生かせる知識が最終的に身につくような構成となっているため、スキンケアアドバイザーの資格を取得した人からの評判も上々です。

働きながら資格を取得したい人にもおすすめできる

講座を受講して理解したことを自分の言葉でレポート化することによって、正確な知識を持っているかどうかは十分に判断できます。試験よりもレポート提出のほうが難易度が低いことは確かですが、専門家の監修を受けている資格であることに変わりはなく、スキンケアアドバイザーとしての専門性を証明するのに役立ちます。自分のペースで学習できるので、働きながらスキンケア関係の仕事を目指している人にもおすすめの資格です。

働く女性に人気の記事

  • 取得するメリット
    取得するメリット

    スキンケアアドバイザーの資格があると、自分のアドバイスに自信を持てるようになります。自信を持ってアドバイスをしてもらえると、お客様は安心して相談できます。悩みに応じた的確なアドバイスが得られれば、リピートや他の顧客への口コミにもつながります。資格を取得後は、協会主催で専門家によるセミナーが開催されたり、美容に関する最新情報が掲載されている業界情報誌を入手できるなど、メリットが継続するのも大きな特徴です。

  • 美容面で考えるスキンケア
    美容面で考えるスキンケア

    美容面のスキンケアに関する知識は、スキンケアアドバイザーなら知っておくべき基本的な知識です。クレンジングから保湿までの一般的なスキンケアの流れと各工程の方法や目的、効果について正しく理解し、スキンケアをしない場合とスキンケアをしている場合の違いを明確に説明できるようにしておきましょう。スキンケアの効果を正しく知ることによって、さまざまなシーンで説得力あるスキンケアアドバイスができるようになります。

  • 看護師は特におすすめ!
    看護師は特におすすめ!

    看護師として働いている人におすすめの資格が、スキンケアアドバイザーの資格です。通信講座を受講し、レポートを提出して合格するまでの過程を半年以内にクリアすれば取得できる資格なので、日々の業務で忙しい看護師でも自分なりのペースで目指すことができます。この資格を持っていることによって、看護師としての仕事だけでなく美容系の仕事にも選択肢が広がるので、これまでの経歴を生かして新たな分野にステップアップしたい人にもおすすめです。

魅力豊富なお肌の資格

看護師におすすめの資格「スキンケアアドバイザー」について、取得のメリットなどを紹介しているサイトです。お問い合わせはskinad_nurse@yahoo.co.jpへお願いいたします。