目指せスキンケアアドバイザー!シーン別にみる役割「美容のためのスキンケア」

看護師に人気!スキンケアアドバイザー

美容面で考えるスキンケア

美容面で考えるスキンケア

美容面のスキンケア

スキンケアとは、肌のお手入れをすることです。大人のスキンケアに欠かせないのが、洗顔フォームや化粧水、保湿クリーム、美容液などのスキンケアグッズです。スキンケアアドバイザーは、スキンケアをヘルスケアと美容の両方からサポートする役割を担っているので、美容に関するスキンケアの知識も身につけておく必要があります。

一般的なスキンケアの流れ

メイクをしている女性のスキンケアは、メイクを落とす「クレンジング」から始まります。クレンジングによってメイク汚れを浮かせて落としたら今度は「洗顔」です。洗顔が済むと、「化粧水」「乳液」「クリーム」の順番で肌をしっかりと保湿します。メイクを落として「マッサージ」や「パック」をしてから「美容液」も含めて保湿する人もいるでしょう。「美顔器」を使うのもスキンケアの一環です。化粧水からクリームまでの工程がいくつもあることから、オールインワンタイプのクリームを使用する人もいます。

スキンケアをしないとどうなる?

スキンケアの目的は、肌をより良い状態に保つことです。洗って清潔にしてから失われた水分や油分を補うことによって、乾燥からくるダメージを受けることなく肌を美しく保つことが可能になります。肌が汚れたまま放置してしまうと、吹き出物や肌荒れのリスクが高くなります。敏感肌の人などは、空気中の汚れや花粉などで肌にダメージを受けてしまうこともあります。
肌を洗った後しばらくすれば皮脂が分泌されて肌が潤うのですが、皮脂が分泌されるまでの間に乾燥が進んでしまうと肌の状態がどんどん悪くなってしまいます。

スキンケアをするとどうなる?

人間には汗や皮脂の分泌によって肌を保護する機能が備わっているので、スキンケアをしなくても皮膚はある程度保護されます。しかし、汚れや菌の影響から肌を守るためには、しっかりと洗顔をしなければなりません。洗顔で必要なくなった古い角質層を洗い流し、マッサージをすることによって血行が促進されると、皮脂の代謝が活発になり肌を美しく保つことができます。ただし洗顔フォーム等を使用して洗顔をすると、汚れと一緒に水分や油分まで一緒に落ちてしまうため、本来あるべき水分と油分を人工的に補う必要がでてきます。年齢を重ねていくと、本来あるはずの生理機能が正常に働かなくなるものですが、それをスキンケアで補うことによって、しわやたるみ、シミなどの肌トラブルが予防できるようになるのです。
スキンケア商品にはさまざまな種類があり、どの商品が肌に合うかはその人の体質や好みによって異なります。スキンケアをより効果的なものにするためには、自分に合うスキンケアグッズを見つけておくことが重要です。

働く女性に人気の記事

  • 取得するメリット
    取得するメリット

    スキンケアアドバイザーの資格があると、自分のアドバイスに自信を持てるようになります。自信を持ってアドバイスをしてもらえると、お客様は安心して相談できます。悩みに応じた的確なアドバイスが得られれば、リピートや他の顧客への口コミにもつながります。資格を取得後は、協会主催で専門家によるセミナーが開催されたり、美容に関する最新情報が掲載されている業界情報誌を入手できるなど、メリットが継続するのも大きな特徴です。

  • 美容面で考えるスキンケア
    美容面で考えるスキンケア

    美容面のスキンケアに関する知識は、スキンケアアドバイザーなら知っておくべき基本的な知識です。クレンジングから保湿までの一般的なスキンケアの流れと各工程の方法や目的、効果について正しく理解し、スキンケアをしない場合とスキンケアをしている場合の違いを明確に説明できるようにしておきましょう。スキンケアの効果を正しく知ることによって、さまざまなシーンで説得力あるスキンケアアドバイスができるようになります。

  • 看護師は特におすすめ!
    看護師は特におすすめ!

    看護師として働いている人におすすめの資格が、スキンケアアドバイザーの資格です。通信講座を受講し、レポートを提出して合格するまでの過程を半年以内にクリアすれば取得できる資格なので、日々の業務で忙しい看護師でも自分なりのペースで目指すことができます。この資格を持っていることによって、看護師としての仕事だけでなく美容系の仕事にも選択肢が広がるので、これまでの経歴を生かして新たな分野にステップアップしたい人にもおすすめです。

魅力豊富なお肌の資格

看護師におすすめの資格「スキンケアアドバイザー」について、取得のメリットなどを紹介しているサイトです。お問い合わせはskinad_nurse@yahoo.co.jpへお願いいたします。