目指せスキンケアアドバイザー!シーン別にみる役割「繊細なこどもの肌を守るスキンケア」

看護師に人気!スキンケアアドバイザー

繊細なこどもの肌を守る

繊細なこどもの肌を守る

こどものスキンケア

こどもに対するスキンケアアドバイザーの役割は、こどものスキンケアの重要性を保護者に正しく伝え、さまざまな刺激から繊細な肌を守ることです。

こどもの肌はとても繊細

一般的に、「こどもの肌はケアしなくても常にみずみずしいものだ」というイメージがあります。確かに、こどもの肌は大人にはない透明感があり、やわらかくてすべすべとしています。しかし、肌の表面にある角質層の厚みは大人の約半分以下しかなく、外部からの刺激から肌を守る力は強くありません。角質層は大人でも0.02mmとかなり薄いことから考えると、その半分以下のこどもの肌がいかにデリケートなのかがわかります。
生まれてから3ヶ月ぐらいまでの間の赤ちゃんは、母体から受けたホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなりますが、1歳にかけて急激に減っていきます。1歳を過ぎてから思春期の入り口ぐらいまでの期間は、生涯を通して最も皮脂の分泌量が少ない期間となります。思春期を過ぎて大人になると、皮脂の分泌量は生まれたばかりのころと同じぐらいになります。
皮脂の分泌量が少ないということは、角質層が乾燥しやすくなるということです。乾燥によるかゆみで皮膚をかいてしまうと、薄い皮脂膜は簡単に傷ついてしまいます。皮膚が傷つきやすくなると、感染症のリスクが高くなります。こどもの肌はみずみずしいという思い込みで放置してしまうと、乾燥から生じる皮膚の悪循環に陥ってしまう危険があるのです。

こどものスキンケア方法

保湿の前には肌を清潔にし、次に保湿クリームや保湿ローションなどを使用します。保湿にクリームを使うかローションを使うかは、こどもの様子を見て塗りやすいものを選択しましょう。身体の全体に塗るならばローションのほうが塗り広げやすく、塗った後のベタつきも気になりにくいでしょう。一方、部分的に保湿をするならば、クリームや軟膏のほうが効果的です。
お風呂から出てすぐは肌がもちもちしているように見えますが、10分も過ぎると一気に乾燥が進んでしまうので、お風呂上がりはできるだけ早めに保湿しておくことが大切です。大人が全部クリームを塗ってあげるのではなく、自分でできることは積極的にやらせてあげるようにすると、スキンケアが習慣として身につきます。ただし、なんでも口に入れてしまう時期の手のスキンケアは避けましょう。この時期は、よだれや食べこぼしがそのまま肌荒れにつながることもあるので顔のスキンケアに十分な注意が必要です。
寒くて乾燥が激しい冬の時期のこどもは、手やほっぺが極度に乾燥しやすくなります。普段から親子のスキンシップを通して肌の状態を把握し、適切なケアをすることがこどもの健康につながります。

働く女性に人気の記事

  • 取得するメリット
    取得するメリット

    スキンケアアドバイザーの資格があると、自分のアドバイスに自信を持てるようになります。自信を持ってアドバイスをしてもらえると、お客様は安心して相談できます。悩みに応じた的確なアドバイスが得られれば、リピートや他の顧客への口コミにもつながります。資格を取得後は、協会主催で専門家によるセミナーが開催されたり、美容に関する最新情報が掲載されている業界情報誌を入手できるなど、メリットが継続するのも大きな特徴です。

  • 美容面で考えるスキンケア
    美容面で考えるスキンケア

    美容面のスキンケアに関する知識は、スキンケアアドバイザーなら知っておくべき基本的な知識です。クレンジングから保湿までの一般的なスキンケアの流れと各工程の方法や目的、効果について正しく理解し、スキンケアをしない場合とスキンケアをしている場合の違いを明確に説明できるようにしておきましょう。スキンケアの効果を正しく知ることによって、さまざまなシーンで説得力あるスキンケアアドバイスができるようになります。

  • 看護師は特におすすめ!
    看護師は特におすすめ!

    看護師として働いている人におすすめの資格が、スキンケアアドバイザーの資格です。通信講座を受講し、レポートを提出して合格するまでの過程を半年以内にクリアすれば取得できる資格なので、日々の業務で忙しい看護師でも自分なりのペースで目指すことができます。この資格を持っていることによって、看護師としての仕事だけでなく美容系の仕事にも選択肢が広がるので、これまでの経歴を生かして新たな分野にステップアップしたい人にもおすすめです。

魅力豊富なお肌の資格

看護師におすすめの資格「スキンケアアドバイザー」について、取得のメリットなどを紹介しているサイトです。お問い合わせはskinad_nurse@yahoo.co.jpへお願いいたします。