スキンケアの役割を知ってスキンケアアドバイザーを目指そう

看護師に人気!スキンケアアドバイザー

シーン別にみるスキンケアの役割

スキンケアアドバイザーの主な役割は、スキンケアアドバイスの対象となる人の状況によって異なります。高齢者の場合、皮膚機能の衰えによるリスクをスキンケアでどう防ぐかについて考えます。こどもの場合、大人とこどもの肌の状態の違いについてまず理解しておく必要があります。美容の面でのスキンケアは、スキンケアの基礎として知っておくべきです。ここでは、シーン別のスキンケアについての概要をご紹介します。

シーン別にみるスキンケアの役割
  • 高齢者の皮膚機能を維持する

    高齢者のスキンケアは、皮膚からの感染症を予防するためには欠かせないものです。皮膚を常に清潔にしておくことはもちろんのこと、皮膚の保湿・保護の方法にまでしっかりと気を配っておくことで、皮膚機能の低下に伴う病気や怪我のリスクを軽くすることができます。高齢者の皮膚は加齢によってとても弱っているため、洗浄や保湿を行う際には優しく丁寧なケアを心がける必要があります。保湿後の衣服は、できるだけ皮膚に優しい素材のものを使用しましょう。

  • 繊細なこどもの肌を守る

    こどもの肌は大人よりもはるかに状態がいいというイメージから、スキンケアの重要性が理解されにくい場合が少なくありません。しかし、こどもの角質層は大人の半分以下の厚みしかなく、皮脂の分泌量も極端に少なくなります。皮脂の分泌量が少ないと乾燥から肌荒れを起こしやすくなり、細菌などによる感染症のリスクが一気に高くなります。これらを防ぐためには、皮膚を清潔にしてからクリームなどで保湿する習慣をつけることが大切です。

  • 美容面で考えるスキンケア

    スキンケアアドバイザーにとって、ヘルスケアの観点からのスキンケアだけでなく、美容の観点からのスキンケアに関する知識も重要です。クレンジングから化粧水やクリームを使った保湿までの一般的なスキンケアの流れと、それぞれの工程が必要な理由も理解しておく必要があります。スキンケアをしないとどうなるのか、スキンケアをしているとどうなるのかの違いについても正しく理解し、それぞれを対比させながら解説できるよう準備しておきましょう。

働く女性に人気の記事

  • 取得するメリット
    取得するメリット

    スキンケアアドバイザーの資格があると、自分のアドバイスに自信を持てるようになります。自信を持ってアドバイスをしてもらえると、お客様は安心して相談できます。悩みに応じた的確なアドバイスが得られれば、リピートや他の顧客への口コミにもつながります。資格を取得後は、協会主催で専門家によるセミナーが開催されたり、美容に関する最新情報が掲載されている業界情報誌を入手できるなど、メリットが継続するのも大きな特徴です。

  • 美容面で考えるスキンケア
    美容面で考えるスキンケア

    美容面のスキンケアに関する知識は、スキンケアアドバイザーなら知っておくべき基本的な知識です。クレンジングから保湿までの一般的なスキンケアの流れと各工程の方法や目的、効果について正しく理解し、スキンケアをしない場合とスキンケアをしている場合の違いを明確に説明できるようにしておきましょう。スキンケアの効果を正しく知ることによって、さまざまなシーンで説得力あるスキンケアアドバイスができるようになります。

  • 看護師は特におすすめ!
    看護師は特におすすめ!

    看護師として働いている人におすすめの資格が、スキンケアアドバイザーの資格です。通信講座を受講し、レポートを提出して合格するまでの過程を半年以内にクリアすれば取得できる資格なので、日々の業務で忙しい看護師でも自分なりのペースで目指すことができます。この資格を持っていることによって、看護師としての仕事だけでなく美容系の仕事にも選択肢が広がるので、これまでの経歴を生かして新たな分野にステップアップしたい人にもおすすめです。

魅力豊富なお肌の資格

看護師におすすめの資格「スキンケアアドバイザー」について、取得のメリットなどを紹介しているサイトです。お問い合わせはskinad_nurse@yahoo.co.jpへお願いいたします。