スキンケアアドバイザーの資格を活かせる求人をチェック!

看護師に人気!スキンケアアドバイザー

就業先や求人事情をチェック

就業先や求人事情をチェック

スキンケアアドバイザーの資格を活かして働く

いつまでも美しくありたい女性の願いを叶えるのがスキンケアアドバイザーの役割ですが、問題はこの資格をどこで活かすのかというところです。エステや化粧品販売などの美容業界で活かせることはわかるものの、求人がどのぐらいあるかわからないという人も少なくないでしょう。
スキンケアアドバイザーの資格が生かせるのは、エステティシャンやメイクアップアーティスト、化粧品販売員、美容師、ネイリストあたりはすぐに思いつくかもしれません。こういった美容系の仕事に加え、実は介護福祉士や看護師、スポーツインストラクターなどにも需要があります。
身体の一部である肌のケアは健康にも密接にかかわることなので、医療現場にとっても貴重な知識なのです。特に高齢者やこどもの肌は、スキンケアをしないと病気や怪我のリスクが高くなります。スキンケアアドバイザーの資格を活かせる仕事を探すのなら、美容業界だけでなく他のジャンルの仕事にも着目してみると可能性を広げることができるでしょう。

スキンケアアドバイザーの資格を活かせる求人

インターネット求人サイトの多くは、サイト内の求人をキーワードで検索できる仕様になっています。そこで「スキンケア」というキーワードで検索してみると、主に美容系の求人を多く見つけることができます。看護系の求人サイトで仕事を探すなら、皮膚科や美容皮膚科の求人を探してみると、スキンケアアドバイザーの資格を活かせる求人が見つかるでしょう。資格を持っていることによって、スキンケアに関する関心度の高さを応募先に強くアピールできるので、スキンケアに直接関係がある職種への就職や転職には有利です。雇用形態についても、派遣社員から正社員までさまざまな選択肢があるので、家庭と仕事を両立したい女性にぴったりの仕事も見つけやすいでしょう。

資格保持者は優遇されることもある

未経験者の多い美容業界は、経験者や資格取得者からの応募を期待しています。業界未経験での応募だったとしても、スキンケアアドバイザーの資格を自ら進んで取得しているという事実があれば、美容の仕事に対する本気度が伝わります。美容業界の職種であれば、スキンケアアドバイザーの資格の信頼度が高いことは十分に理解しているはずなので、資格の信憑性についての説明を加える必要も特にありません。美容系コールセンターの仕事は、接客スキルの高さだけでなく美容に関する専門知識の深さも求められるので、スキンケアアドバイザーの資格を持った人はとても重宝されるでしょう。通信講座を利用して無試験で取得できる資格が、就職や転職を少しでも有利にしてくれるなら、取得しておく価値は高いのではないでしょうか。

働く女性に人気の記事

  • 取得するメリット
    取得するメリット

    スキンケアアドバイザーの資格があると、自分のアドバイスに自信を持てるようになります。自信を持ってアドバイスをしてもらえると、お客様は安心して相談できます。悩みに応じた的確なアドバイスが得られれば、リピートや他の顧客への口コミにもつながります。資格を取得後は、協会主催で専門家によるセミナーが開催されたり、美容に関する最新情報が掲載されている業界情報誌を入手できるなど、メリットが継続するのも大きな特徴です。

  • 美容面で考えるスキンケア
    美容面で考えるスキンケア

    美容面のスキンケアに関する知識は、スキンケアアドバイザーなら知っておくべき基本的な知識です。クレンジングから保湿までの一般的なスキンケアの流れと各工程の方法や目的、効果について正しく理解し、スキンケアをしない場合とスキンケアをしている場合の違いを明確に説明できるようにしておきましょう。スキンケアの効果を正しく知ることによって、さまざまなシーンで説得力あるスキンケアアドバイスができるようになります。

  • 看護師は特におすすめ!
    看護師は特におすすめ!

    看護師として働いている人におすすめの資格が、スキンケアアドバイザーの資格です。通信講座を受講し、レポートを提出して合格するまでの過程を半年以内にクリアすれば取得できる資格なので、日々の業務で忙しい看護師でも自分なりのペースで目指すことができます。この資格を持っていることによって、看護師としての仕事だけでなく美容系の仕事にも選択肢が広がるので、これまでの経歴を生かして新たな分野にステップアップしたい人にもおすすめです。

魅力豊富なお肌の資格

看護師におすすめの資格「スキンケアアドバイザー」について、取得のメリットなどを紹介しているサイトです。お問い合わせはskinad_nurse@yahoo.co.jpへお願いいたします。